遊んで、笑って、いっぱい楽しもう!!

アウトドア快適ライフ

 

 

オートキャンプ 

キャンプサイト(テントを設置してキャンプをする場所)に車を駐車するキャンプのことを、オートキャンプと言います。90年代初めのアウトドアブームによって、全国にオートキャンプ場が整備されるようになってから一般的になりました。オートキャンプには車は当然必要です。普通のキャンプでも移動には当然、車は必要なのですが、オートキャンプに向いている車はどんな種類の車なんでしょうか・・・。

オートキャンプに向いている自動車は・・・。答えはどんな車でも良いのです。実際にオートキャンプ場に行くと普通のセダンタイプの自動車を多く見かけます。ただし、ルーフキャリア(車の上に荷物を載せることが出来る車の事)を利用すればトランク以外にも荷物を載せることが出来ます。荷物を必要最低限の物だけを持っていけば、普段使っている車でキャンプに出掛ける事もできます。それがオートキャンプの手軽で魅力的なところです!!

まだまだオートキャンプの魅力はあります。

キャンプというと、特別な装備が必要になってきて、料理をするのも大変というイメージがあるかと思います。その理由はキャンプ場に多くの荷物を運んで、料理をするにはかまどを作って薪を燃やすというキャンプを経験した方に、多いのではないかと思います。しかし、オートキャンプなら、そんなに難しいものではないのです。まず車がキャンプサイトにあるので重い荷物を運ぶ必要がありません。車がキャンプサイトにあるということは、必要な物だけ車から出せばしたら良いので、車が倉庫代わりになります。キャンプ道具も進歩してオートキャンプ用のテントやタープなど計量で設置も簡単な物が売られています。テントを持っていないという方でも大丈夫です!!整備の充実したオートキャンプ場なら、イスやテーブル、テントやタープ、バーベキューコンロもレンタルができます。なので、でも天候に恵まれれば問題なくたのしめちゃうのです!最低限の装備を揃えてキャンプ場に行けばオートキャンプは出来るのです。レンタルのテントなどはキャンプ場の人に頼むと設営してくれる事もあるみたいです。キャンプ場の人とは管理人の事です。オートキャンプ場には管理人が24時間常駐の所は珍しくありません。何か分からない事や、困ったこと事があっても気軽に聞けるので安心できます。
また、オートキャンプ場はゲートを設けていて、夜間など外部の人間が出入り出来ないようにしている所も多く見られます。キャンプに来ている人以外が入って来ることはありません。なので、女性や子供たちにとって、安心したキャンプを過ごすことが出来ます。オートキャンプとは初心者でも気軽に体験できるアウトドアライフの入り口なのです。


お得なコンペパックの他、格安でゴルフをプレーをするなら、小田原城カントリー倶楽部がおすすめ!

キャンプ道具 


やはりそうではいかない方のために!
ここではオートキャンプを楽しむための必要なキャンプ道具を紹介します。
キャンプといえば 最低限必要なものは寝るためのテントです。その他は必要に応じて揃えていけば大丈夫です。設備の整ったオートキャンプ場なら、テントやイス、タープ、テーブルなどはレンタルできるので、初めてのキャンプの場合や、荷物を減らしたい場合は、レンタルするのも一つの手段となります。しかし、長い目で見るとレンタルは割高になるので気をつけましょう!!道具は何でも揃えればよいというわけではありません。必要最低限な物を揃えて、その時のキャンプに必要な物を持っていくようにしましょう。キャンプをする人数を考えて、サイズを選びましょう。車に乗せていくので、車の収納力に見合った道具を揃えることも必要になります。キャンプ場によっては、もっと多くのレンタル用品がある場合もあると思います。ですが、逆にレンタル用品が全くない所もあるので、出掛ける前にちゃんと調べておきましょう。

■テント一式

テントには、大きく分けて「ドーム型」と「ロッジ型」があります。

「ドーム型」 ◎慣れたら一人でも10分くらいで設営する事ができます。
「ロッジ型」 ◎大人2人と子供3人でも余裕の広さがあります。十分に立ち上がれる高さです。
◎設営に時間が掛かってしまいます。大きく見えますが、その割に広くはありません。

■タープ式

タープは「夏の暑い日差し」や「突然の雨」を遮ってくれる屋根の役割をするシートです。工事現場で見かけるブルーのシートにポールを付けて、ロープで張って立てたようなものです。このタープがあることで、キャンプの快適性がかなり向上します。是非!揃えたいグッズの一つだと思います。タープにはその形によって、大きく分けると[ヘキサタイプ]、[スクエアタイプ]などがあります。スクエアタイプは長方形で6本足(6本のポールで立つもの)で、ヘキサタイプは6角形で2本足です。

■シュラフ

シュラフには封筒型とか、様々なものがあります。ですが、オートキャンプで使用するなら「封筒型」をオススメします。文字通り封筒の形をしたもので周りにファスナーがついているのでファスナーを全開にすると布団、マットとしても使う事ができるのでオートキャンプには一番適しています。中には複数のシュラフを合せて、大きな布団に出来るものもあります。封筒型でファスナーが回りについているものがオススメです。

■家庭用ガスタイプ

キャンプシーズンオフの時は、家でなべ用コンロとして使う事が出来ます。ガスはコンビニで購入する事も出来ます。値段も比較的安い(ホームセンだと2〜3千円くらい)と思います。

キャンプ場でのマナー

オートキャンプとは、日常生活から離れて、自然と人とが一つになって衣食住をともにする事です。そこには、沢山の人々との触れ合いがある一方で、自然の脅威や大勢のキャンパーがいるがゆえに、多くのマナーとルールがあります。自分勝手な行動は、事故やけがをしたり、他のキャンパーの迷惑になってしまいます。ひとり一人がマナーとルールを守って、楽しくて、安全なキャンプを行いましょう。

マナー1あいさつを忘れずに

キャンプ場は、子供から高齢者まで、みんなが一緒になって生活する大家族のようなものです。まずはあいさつから始まって、色々な人とコミニュニケーションをして友達になりましょう。そして、お互いに協力して楽しいキャンプにしましょう。

マナー2夜は静かに

お酒を飲んで、騒ぐのは厳禁です。お酒の量は、ほどほどにしましょう。キャンプ場では、テントの中で小さな赤ちゃんや、子供達が寝ています。エアコンをかけるためのアイドリングや、緊急時以外のお車の移動もしないようにしましょう!!

マナー3ゴミの減量と分別を

キャンプ場は一度に大勢の人が集まるので、大量のゴミが出てしまいます。食材は家で簡単に調理していくなどして、ゴミの減量をしましょう。また、各キャンプ場で決められたゴミの分別は必ず守りましょう。

マナー4禁止事項は絶対守る

キャンプ場には、カラオケ・花火・直火・ペットの持込みなど、禁止事項がいっぱいあります。各キャンプ場で決められた禁止事項は必ず守って、他のキャンパーやキャンプ場に迷惑にならないようにしましょう。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/6/13

アウトドア