遊んで、笑って、いっぱい楽しもう!!

アウトドア快適ライフ

キャンピングカーでアウトドア

キャンピングカーで少し遠出をしてみたい。キャンプ場に着いたら、テントを設営して、タープを広げる・・・。でも、そうしたキャンプとは少し違う、もう一つのスタイル。それがキャンピングカーの世界です!!

日本でキャンプと言うと、テントを使ったスタイルを思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、欧米ではキャンピングカーを使うのが、むしろポピュラーなスタイルです。キャンピングカーというと、「手軽じゃない」、「縁遠い」という印象を持っている人も少なくないようです。所有するまでには、ハードルが出てしまう事もあると思います。しかし、それを超えるメリットがキャンピングカーには、沢山存在します。キャンプのスタイルも、テント泊を前提としていた時とは、一変すると思います。そして、キャンプの枠を超えて、旅のスタイルまでも変えてしまうのが、キャンピングカーなのです。キャンピングカーは、いわば「移動可能な我が家」とも言えます。テントのような撤収・設営も不要なら、他人の家やホテルのような遠慮もいりません。着いたその場が第二のマイホームになってしまうのです。それでいて、一歩外に出ると、旅先です。そこは大自然というロケーションだってキャンピングカーなら可能なんです。もっと気ままで、旅&自由なキャンプを実現してくれるのが、キャンピングカーなのです。

キャンピングカーの種類

 

キャンピングカーとひと口に言っても、形、大きさは様々で、その種類はとっても多いです。それを大きく分けると、トレーラーと自走式という2種類に分けられます。トレーラーはその名のとおり、けん引装置を持つ車両でキャビンを引っ張るものです。けん引時には折りたたんで、コンパクトになるフォールディングトレーラーから、家にタイヤがついたような大型のモノまで、その種類は色々です。小型のものなら、普通免許でけん引する事ができます。

今まで、使用していた愛車に、けん引装置をつけるだけで、キャンピングカーのヘッド(トラクターともいう)に早変わりしてしまうトレーラーのメリットは、普段はこれまでどおり自家用車として使う事が出来る事です。もちろん旅先でもトレーラー部分を切り離して、フットワーク軽く行動できる事もメリットです。使わない時のトレーラー部分の保管場所や、けん引の慣れが必要な事がデメリットになります。

一方の自走式も、大小と色々なものがあって、ベースとなる車両によって、キャブコンバージョン(国産トラックベースのもの)、トラベルバンコンバージョン(ワンボックス車をベースにしたもの)、バスコンバージョン(バス、マイクロバスをベースにしたもの)、ピックアップキャビン(ピックアップトラックの荷台部分にキャビンを搭載したもの)などに分ける事が出来ます。

自走式のほうは、クルマに乗り込めば、すぐにキャンプに行けるという手軽さが魅力です。もちろん、それ一台で全てをこなすので宿泊地に到着してから、買い出しに出たり、日帰り温泉に出るという場合には少々面倒になってきます。走行中、ベッドを使う事はできません。しかし、多少のことならキャンピングカーの設備を使う事ができるのもメリットになります。日本では道路事情から全長5m×全幅2メートル程度のモデルが人気を集めています。

形態が大きく異なるとともに、キャンピングカーそれぞれのメリット&デメリットが存在します。どちらがいいかは、判断の分かれるところになります。
休日の高速道路などで、見かけることも多いキャンピングカーがです。
実際に、自走式のタイプは、日本のキャンピングカーの9割近くを占めるとも言われています。
このタイプは居住設備と、走行機能が一体化されているので、駐車スペースが1台分で済むことが大きなメリットになります。特に大型のものを別にすれば、大きくても中型トラック程度です。日本でポピュラーなものなら専有面積は乗用車とほとんど変わりません。
また、1台で完結していることから気軽に出掛けることが出来て、特別な運転技術が不要で、高速料金が普通車1台分で済んでしまいます。これらも自走式ならではのメリットになります。
渋滞中の高速道路で、トイレなどの居住設備を利用できるのも、このタイプのメリッになります。一方、トレーラーの最大のメリットは、宿泊地でトレーラーを切り離して、牽引車単独で買い物や観光などに出掛けられる事です。
また、同程度の居住設備なら、自走式に比べて割安に入手も可能です。サイズの割りに、高い居住性も、トレーラーならではのメリットになります。キャンピングカーとしての基本的なメリットである「天候に影響されない、安全な寝室の確保」は、どんなタイプでも持っています。
後は、キャンプ場でどう過ごしたいのか、移動が頻繁か否か、居住性にどれほどの余裕を求めるのか、などでキャンピングカー選びが変わってきます。

 

Valuable information

卓球用品の通販なら
http://www.table-tennis-life.com/

2017/4/20 更新

アウトドア