遊んで、笑って、いっぱい楽しもう!!

アウトドア快適ライフ

 

テント

キャンプを充実させるには、テント選びが重要になってきます!!寝起きの時、安らぐ時にかかわらず、悪天候の時などでも、いかにアウトドアを快適に過ごせるかは、テントにかかってきます。「設営の手間」、「居住性」、「価格」、「耐久性」など、どうバランスを取るかは、けっこう悩むと思います.。

タープ・スクリーンテント

日除けの役割を果たしてくれるタープは、キャンプのみならず、バーベキューやちょっとしたアウトドアなどにもとっても重宝します。日除けのほか、多少の雨ならしのぐ事ができます。かや付きの物もあります。虫除け対策にもなります。なにより野外で、屋根があることによって、落ち着いた場所が確保できるのが嬉しいです。

テント・タープ用アクセサリー

ペグとは、タープやテントを設営する時に張って、綱を地面に固定する抗です。材質はアルミ製ペグ、鉄製ペグ、プラスチック製ペグなどがあります。市販のタープなどに付くアルミ製ピンペグは曲がりやすくて、地面も適度の硬さにしか適しません。砂地や固い地質に合わせたペグや、ハンマーを持つことで効果的に設営する事ができます。ペグには風邪に飛ばされる事を防止するだけではないのです。生地に張力をつけて強度を保つ意味も持っています。ペグ以外では、テントと地面の間に敷いて、湿気を防いで、本体の汚れ防止と、断熱・保温の役目を果たしてくれる、グランドシートや、テントの中に敷くテントマット等も、市販のテントには付属していません。一式揃えておくことで、キャンプがより快適なものになると思います。グランドシートを買う時は、持っているテントと、サイズが合うものを選ばなければいけません。

シュラフ・スリーピンググッズ

シュラフとは寝袋の事を言います。キャンプで意外とおろそかになってしまうのは、寝具類です。春や秋口の夜は寒いです。毛布1枚では風邪をひいてしまいます。携行性に優れたシュラフや、マットなどを用意し最低限の保温性を確保しましょう。

テーブル・スタンド類

テーブルは家庭での食事と同じように、アウトドアでも必要なものです。キャンプ、バーベキューのみならず運動会、海水浴などでも大活躍するアイテムなので、是非!一つは持っておきたいものです。また、効率よく料理をしたい場合は、独立したキッチンテーブルをオススメします!!食事中は人の行き来が激しいので、少し離れた場所に、キッチンスペースがあることによって、落ち着いて料理する事ができて、効率もUPします。

チェア

バーベキュー、キャンプに限らず、ちょっとしたアウトドアでの行楽に必要で、テーブル以上にチェアの活躍の場は広いです。リュックに入ってしまう、小型のものから、リクライニング出来る本格的なものまで色々あります。用途を考えれば、人数+a位数がいるのかもしれません。

バーベキューグリル・焚火台

いわずとしれた、バーベキュー。野外で調理して野外で食べる。それだけでも料理は美味しくなるものです。しかし、炭火でじっくりと素材の美味しさを引き出すバーベキューグリルを使うと、どんなものでも一層美味しくなります。グリルには、炭火を使うバーベキューグリルと、焚火用のものがあります。特にバーベキューグリルはみんなでにぎやかに取り囲んで、料理を楽しむためのアイテムとして、なくてはならないものです。また焚火台は観賞から調理までこなしてくれます。直火禁止のサイトなどでも重宝します。

バーナー・コンロ・ヒーター

バーベキューグリルと、炭だけでもアウトドアの料理はなんとかなるものです。ですが、料理の度に炭に火をつけたり、ずっと炭を燃やし続けているのも効率的とは言えません。使いたい時だけ使える、コンロやバーナーは、料理を手軽にするだけでなくて、鍋ものやスープなど料理のバリエーションもとっても増えます。バーベキューだけで済ませるのではなくて、様々な料理にチャレンジして、アウトドアライフをより楽しみの多いものにしましょう。

クーラーボックス

アウトドアでの楽しい食事で、欠かせないのは「新鮮な食材」と「水」です。冷蔵庫はクーラーボックス、水道はウォータータンクと考えると、この2つは絶対に!欠かすことのできない重要なアイテムになります。

ランタン

薪の明かりだけのキャンプを体験するのも、自然での生活を実感できアウトドアの味でもあります。ランタンの明かりにも同じ趣があって、夜の演出には欠かせないアイテムです。照明としての恩恵だけではなくて、少し離れた場所に置いて、虫除けとしても使用する事ができます。

back

 

Favorite

2017/11/24 更新

アウトドア